検査の種類

検査結果を見る老夫婦

身体検査とは、直接患者の話を聞いたり、顔色や体の状態を診たり、聴診器で内部の音を聞いたり、医師の感覚を通してで患者の状態を検査します。

それは非常に重要な部分で診断および病理学的に患者の健康状態を医師に提供しています。

病気のさらなる評価を、次のようにすることができ、機器の検査と臨床検査を実施する場合も有ります。

分類

身体検査は、身体又はの個々の部分の臓器のシステム、または全身が含まれ、問診は医師が患者の病歴や生活習慣を聞いて病態の推測に使われます。

方法

身体検査では、例えば、以下の方法を使用し分類できます。

問診:患者との会話で診断に役立つ情報を収集する。

触診:体の一部に触れながらシコリや腫瘍の発見など触ることで発見できる病態の変化を探る。

パーカッション:胸部などの体の一部を軽くたたき聴診器で音を聞く。

聴診:胸部、腹部などに聴診器をあててこれらの臓器の状態を探る。

機能テスト:個々の身体機能のテストをする。(例えば、瞳孔反射)

これらの方法に加えて、他の技術を交えながら検査をすることで、例えば、パーカッションの圧痛など複合的な情報で病気の核心にせまります。

また、万が一、嗅覚は、身体検査の一部で肝疾患の顕著な特徴的な臭気にを発見するのに役立ちます。

身体検査を行う際に任意の側面を見落とさないようにするために決められた方法に従ってください。

患者は、できるだけ自分の下着を脱ぎやすいようにする必要があります。

通常、検査は性の評価から始まり、栄養状態などの重要な物理パラメータの取得をしますが、身長、体重と年齢が含まれています。

さらに、血圧、脈拍、体温、および任意の呼吸速度も調べます。

次の個々の首、上肢、胸部、腹部、陰部、下肢、頭蓋などを調べます。

音波検査システムは、分割皮膚、胸部の臓器、腹部臓器、筋骨格系、神経系、血管の状態などに役立ちます。

身体検査の範囲、期間、が大きく異なり、初期の状況だけでなく、特定の疑いが診断されている場合は、注意がしばしば結果に向けられます。

異なる方向に必要に応じて物理的検査は、深くすることができる。

また、時間が無くて健康診断を受けられないような人は検査キットを使い自宅にいながら様々な検査を受けることが可能です。

神経系のほとんどは表面的な評価に反射神経徹底することにより、神経学的検査は、一般的に補足され、神経科医が行います。

同じことで、筋骨格系の研究に適用され、整形外科医は個々の関節の動きを測定することにより、または臨床試験により検査の精度を高め、より多くの補完性は直腸指診および 眼科検査などもされます。

参考文献:TEST WORLD 検査の詳細